こだわり

医学部受験予備校ウインダムから、ご父母の皆様へ

学力

多くの方が「医学部は偏差値が65はないと合格することが出来ない。」と思っていらっしゃるようです。実はそうではありません。現にウインダム生は偏差値が52ぐらいの人から合格しています。またウインダム生で合格している人の多くは、模試の偏差値自体は決して高いわけではありません。第3回河合模試がE判定の大学でも頻繁に正規合格を勝ち得ています。しかし、逆に大手の予備校に通っていて、偏差値が70近くあるにも関わらずどこにも合格できていないケースもいっぱいあります。要は対策ややり方次第で合格するか否かが変わってくるのです。そもそも大手は業務の多くを教えることをメインとしているのに対して、ウインダムは合格させる事を目的としているという点でスタンスが異なります。

合格へのこだわり

ウインダムは開校以来、「合格へのこだわり」を持っています。 我々は合格してもらう事を喜びとしていますし、逆に受かってもらわないと申し訳ない気持ちになります。そういった責任感と信念があるスタッフばかりです。また受からなかった生徒が「ごめんなさい。」と言ってくることがありました。そう、不思議なことに生徒自身も我々の態度を見て、責任感を持ってくれているのです。合格してもらってやっと我々の存在価値が生まれてくる、そんな想いです。

合格率

実績はただ単に数の多さだけではありません。むしろ率の方を見ていただきたいのです。すべてに当てはまる訳ではないですが、概ね合格率を出している所はやる気がある予備校であることが多いと思います。人間誰しもがそうだと思いますが、目標や目的意識を持っているのとそうでないのでは、明らかに向上の度合いが違ってきます。予備校も同じです。職員や生徒そのもののモチベーションが違ってきます。ただ同じ合格率でもその分母となる母体がなんなのかによってその数値の意味は変わってきます。初めから出来る人ばかりの集団を母数にしているのではその価値は薄れてしまいます。また、実際には在籍していない生徒、つまり外部性や講習生を母体や合格者数に入れてしまう様では、逆に信頼度は落ちる事となるでしょう。

伸び率

ウインダムの場合は特に伸び率を見ていただきたい。入学時点での成績とその後の合格校との対比をして欲しいのです。例年、アドバンススーパーコースの生徒はそれなりに合格してくれますが、初めから優秀な人ばかりではないのです。一生懸命に努力をしてくれてそしてやっと受かってくれるのです。ウインダムは伸びて受かってもらう予備校なのです。たとえば、ウインダムの生徒がそのまま大手の予備校に通ったとするならば、合格率はさんざんなものになるでしょう。何をしていいか分からず、自信も学力も中途半端なまま試験会場に通うことになるでしょう。

予備校の役割

勉強は強制されてやるのではなく、自主的にやることが大事です。自ら進んでやるからこそ真の力になるのです。個性や個々の特性を無視して画一的な事を無理矢理やらされるのでは効率も悪いし継続性が望めません。ウインダムでは全体に頑張る雰囲気があるので、 前年まで不真面目だった人でさえもまじめになってしまいます。一浪目は大手、二浪目にウインダムに通って北里大学に合格したある生徒は、「大手はぬるい。ここはやらせてくれるし、一番やった。」と言っていました。またある生徒は、「ウインダムの人はみんなすごいまじめに勉強するよね。」とびっくりしていました。予備校の役割、それはもちろん医学部に合格させることですが、ただ単に入試科目の内容を教えることではありません。目標や目的意識を常に持たせ、生徒をいかに本気にさせ自信を与え、合格への道筋をたててやれるかが大切なのです。残念ながらその役割を果たしている予備校は多いとはいえません。

情報

ちまたには入試情報が書かれた本が売られていますが、そういった定員が何人とか倍率がいくつとかといった情報も大事ですが、実際には合格させるノウハウの情報の方が重要になります。何をどうすれば受かり、どれだけ出来れば受かり、過去に受かった人はどんな風だったか。その情報の方が最終的には合格へとつながります。幸い我々は合格例をたくさん観てきておりますので、その経験により誰が何をどうすればどこに受かるかが大体わかります。そこが強みとなります。

信頼

ウインダムは合格させるための環境を整えています。すべては合格するためです。合格させるための授業・合格させるための面談・合格させるためのテスト・合格させるための課題・合格させるための自習室。目的はそこの一点です。また、ウインダムはご紹介で来て下さる人や、兄弟で来てくれる人が多いです。多くの方が信頼して下さっていると確信しています。これからもどうかウインダムを信頼して下さい。

医学部予備校Windom主宰
三輪 伸之
東京都立大学(現 首都大学東京)理学部物理科卒業
元・両国予備校講師
前・医学部予備校YMS専任講師 (物理科主任)

医学部予備校にて多数の医学部合格生への指導経験をもつ。
「簡単な事を難しく教えない、難しい事は簡単に教える。」がモットー。親しみやすい語り口で、生徒を何かワクワクさせるような、そんな楽しい講義を目指す。

メッセージ

努力することを惜しまないことです。自分を本当に信じられれば、大きな夢をかなえることもできるでしょう。あなたには今、「医学部合格」という明確な目標と、「医師として人々の手助けをする」という大いなる希望があります。「できない」ことの一つひとつを「できる」ことにするために、ウインダムが応援します。