こだわり

私立医学部受験予備校ウインダム 医学部受験情報 愛知医科大学

愛知医科大学

英語 ハードな客観問題!語彙力強化! Aレベル 一次ボーダーライン75%

読解は短めの文章が出題され、文章の理解度を問う問題と和訳が出題される。英文自体は難解なものではないが、その分量が多い。

数学 標準問題の攻略! Aレベル 一次ボーダーライン75%

微積を中心に全範囲から満遍なく出題されている。標準問題が多いが、ときたま教科書の範囲をこえた知識や、思考力が要求される問題もある。計算ミスは命取り!

化学 学力が反映される良問! Bレベル 一次ボーダーライン80%

化学平衡が頻出であるが、各分野から満遍なく良問が出題され、難易度は標準からやや難といったところで、計算力が要求されることもある。

生物 考察問題への攻略! Bレベル  一次ボーダーライン80%

反応・調節など医学関連分野が頻出で、論述、考察、計算問題が多い。やや難解な問題も多く、単なる暗記ではなく正確な理解が必要である。かつて国公立で出題された『ライオニゼーション』の問題なんてのも近年出題されている。
物理 時間との勝負! Bレベル 一次ボーダーライン80%
標準的な問題が多いが、かつては論述問題や難易度の高い問題が出題されたこともある。

ウインダム医学部入試解説員から

過去問を見る限り、数学などではやや高度な思考力が要求される難問なども多いように見えますが、2008年度に限っては全体的に簡単だったという印象を受けます。化学や物理で90点代も楽にはじき出せることもあり、一次合格者の間では数学の最後の問題で差がつくとの話でした。

記述式ですので、結果的に理科を得意とし、英語数学にバランス学習が行き届いている生徒こそが突破できる入試といえそうです。さらに、ここで勝つと補欠の繰り上がりも150名と多い事から、以後の入試にエンジンがかかってくるのは必定ですね。

ちなみに記述式の試験は理解を前提とした試験ですから、「腕試し」「頭試し」のつもりで受験すると逆に手痛い一撃を食らうでしょう。また、地元優先思考の高いと思われやすいですが、実際は関東出身者であれば関東の大学へ行くのが必然であり、結果的に畿内の生徒が中心に集まっているだけかと思います。