こだわり

私立医学部受験予備校ウインダム 医学部受験情報 北里大学医学部

北里大学医学部

英語 スピードと根気! B+Sレベル  一次ボーダーライン70%~80%

全問マークシート式で長文、文法、会話文などさまざまな形式で出題される。時間の割りに量が多く、速読が要求される。過去問等マーク式の問題形式に慣れることが必要である。

数学 記述の大問を攻略 Bレベル

小問集合と記述式に分かれ、記述式の問題は融合問題や思考力を要求する問題が出題されることもある。微積、行列の出題頻度が高く、これらの分野を中心に論理的に解答をまとめる訓練が必要である。

化学 細かい知識までを網羅! B+Sレベル 一次ボーダーライン 75%~80%

標準的な問題が多いが、量が多く、計算問題も多いので、要領よく解答していくことが要求される。有機は割合が大きく、難易度も高めなので、参考書を利用も利用して学習を進めていく必要がある。

生物 深い知識とスピード! B+Sレベル 一次ボーダーライン 75%~80%

全問マーク式で語句の理解を問うものや計算問題が多い。考察問題や細かい知識を問う問題が出題されることもある。分野としては医学関連分野の出題が多く、また量が多いのでスピードも要求される。

物理 意外と面倒な問題がある!B+Sレベル 一次ボーダーライン80%~85%

標準的な問題が中心だが量が多く、スピードが要求される。出題分野の偏りがないので全分野について基本から幅広く学習していく必要がある。

北里大学医学部を受験するなら・・・
こちらの講習会がおすすめ

全20医学部予想 医大別直前ゼミ

ウインダム医学部入試解説員から

北里大学医学部。大学へ足を運んでみると、その雰囲気の良さが素直に感じることができます。
あの開けた空間は、アメリカの大学のキャンパスをも想起され、東京にあるような旧設医大の格式が高く、クラッシックな雰囲気は微塵もありません。過去はどうか知りませんが、現在の受験生がこの大学に行きたいと思うのは当然の心理といえます。また、応対する大学側の対応もすこぶるよく、綺麗な病院と併用してみれば、ここで『医師になる』と言う気持ちは自然と高まってきます。

さて北里大学医学部入試の話しをしましょう。まず、受験生は英語の問題量を見るとまず卒倒しそうになるでしょう。しかし、長文は至って読みやすく、設問の聞かれている内容に関しても難解なものはありません。(設問の意味が取りづらい場合もあり、単語の設問もわけわからんものある。そんな時は文法勝負!)
見た目で臆することはありません。早慶などの文系英語のほうがよっぽど、いやらしいひっかけも多く、解きづらいというものです。それに感覚的な読解力でもある程度の得点が望め、さらに文法各種で落とさなければなんなくボーダーラインは突破できます。

次に数学です。北里の出題傾向ですが、小問が簡単な年は大問が難しく、大問が簡単なときは、小問が難しくなる傾向があります。一概には言えませんが、

化学と生物に関しては雑問集合といってよく、よく言われる理科は暗記科目でないとする、
受験指導を根本から揺るがすような問題形式で『知っているか、知らないか』の次元での戦いです。ただし、雑問とはいえ『これでもか!』と言うくらい、幅広い知識の中からの出題になるので、『ある程度の実力』ではどうにもなりません。また、量が莫大な分、面倒な計算問題を後回しにするなどして解答作業を駆使しないと、全て解答しきれず一次突破の清算も危うくなるでしょう。

物理は2008年度についていえば、面倒な問題が多く、量も多いため、ミスを発生しやすかっただろう。例年は『満点取るべき!』と絶叫したくなる問題レベルです。