こだわり

私立医学部受験予備校ウインダム 医学部受験情報 日本大学医学部

日本大学医学部

英語 毎年新傾向、英語は難! Aレベル 一次ボーダーライン75~80%

記述中心の出題が続いている。英問英答、英問和答が出題され、総合的な読解力と表現力が高度に要求されている。これらの力をつけた上で要点をおさえ、簡潔明快に記述する練習が必要である。
2010年より、傾向が一点、客観問題が多くなり、解きやすくなった感がある。

数学 標準問題の攻略 Bレベル 一次ボーダーライン90%

大問4題で4問とも記述である。全分野から幅広く出題されているが、微積とベクトルは毎年出題されており、この2分野を中心に標準的問題の演習が重要である。2008年はやや難化。2009年は傾向を変え従来レベルに戻る。

化学 丁寧な学習が成果を出す! Bレベル 一次ボーダーライン80~85%

計算力より考え方を重視している。理論、無機、有機からバランスよく出題されており、全分野について基本事項を押さえた上で問題演習を繰り返し、穴をなくす勉強をすることが重要である。

生物 考察問題を攻略! Aレベル 一次ボーダーライン80~85%

単純な基本問題と記述や描図などやや解答し難い問題に大別される。前者でのミスは致命傷となるため、日頃から地道な学習が重要である。後者については、自分で何度でもかいてみることが得点力を上げる鍵となる。

物理 描図・論述対策! Aレベル 一次ボーダーライン80~85%

出題パターンは決まっていないが、標準的な問題多い。しかし中にはしっかりと考えなければ解けない問題も含まれており、それらを解けるかどうかで大きく差がつく。

日本大学医学部を受験するなら・・・
こちらの講習会がおすすめ

日大医学部を徹底研究 日本大学医学部入試実戦模試

ウインダム医学部入試解説員から

日本大学医学部の特徴といえば、
①問題がよい、すなわち良問ぞろい。化学も無機・理論・有機とバランスよく出題してくれる。生物に考察・実験問題が出ていますが、よく考えれば(しっかり学習していれば)できる問題。英語の出題形式は医大の中でも特徴的だが、意外と長文は読みやすくて、設問は解きやすいはず。
②傾向が読めない。これは大学側が意図的に変えているのです。
③英数勝負で、試験が終了した時点で、おおよその合否の予想がつく。
④とにかく千秋楽(関東の旧設を狙うということでは)
⑥毎年、受験生はうなぎのぼり
ここで注目していただきたいのは、④の千秋楽というところです。千秋楽にあるということは、受験経験も積んで、ここで開花する可能性も充分ありえるということなんです。
人間は経験を積むことで対処方法を学びます。もし、1月からの受験で振るわなくても、しっかり自己洞察し、学習を続けていれば、必ずここで実を結ぶことができるのです。

ウインダムの本科生でも毎年みられます。藤田に落ちて、日大合格。11連敗で日大正規。これを、たまたまだと思いますか?記述試験にたまたまはありません。あの倍率で偶然合格はありません。やはり開花したのです。だから『受験校で一番できた気になった』とか『いままで受けた受験校で一番優しいと感じた』と感想を漏らす本科生が多々います。諦めないで頂きたい。