こだわり

私立医学部受験予備校ウインダム 医学部受験情報 埼玉医科大学

埼玉医科大学

英語 圧力がある C+Sレベル 一次ボーダーライン70%

読解が主で文法、語彙、会話問題などが出題される。難易度は標準的だが、長文には読むことに事体に嫌になってくるくらい暴力的な量がある。よって全体の量が非常に多いので、過去問を時間をはかって解きペースを掴むとともに、速読の訓練が不可欠となる。

数学 標準問題の攻略 Bレベル Sレベル 一次ボーダーライン80%

微積と確率はほぼ毎年出題され、ベクトル、三角関数、数列なども頻出である。標準的な問題が多いが、融合問題が出題されることもあり、各分野の基本事項を確実に理解することが必要となる。また、マーク式であるために正確性も要求される。

化学 確実に高得点争い!C+Sレベル 一次ボーダーライン90%

解答形式がマーク式に移行してから、問題の難易度も下がった。設問の単元・テーマだけを見ると物理選択者にとっては不安材料となるATPや合成高分子も、それらの知識がなくても解答できる。自己採点満点!これが埼玉化学!

生物 過去問演習が有効!C+Sレベル 一次ボーダーライン90%

2005年より、マーク方式となった。埼玉医科大学で特記すべきは、過去問と同じ問題が頻繁に出題されている点である。過去問がここまで有効な大学も稀であり、よって集中的な演習により、問題処理時間を大幅に短縮することができるだろう。

物理 特有の出題範囲あり!C+Sレベル  一次ボーダーライン90%

マーク式で、基礎から標準まで幅広く、年により 細かい知識や計算を求められることもあるが、合格者のボーダーラインは高く、満点教科の感は否めない。ただし、原子の範囲は埼玉特有の出題であるので、教科書等で基礎事項を確認し、典型問題の演習を繰り返し万全の学力で望みたい。

埼玉医科大学を受験するなら・・・
こちらの講習会がおすすめ

全20医学部予想 医大別直前ゼミ埼玉医科大学後期受験者のためのサーキットトレーニング

ウインダム医学部入試解説員から

長文には読むことに事体に嫌になってくるくらい暴力的な量がありますね。速読を駆使したトレーニングが必要です。埼玉医科大学ほど過去問演習が有効な大学もありません。まずレベルについても同等な出題。計算問題でしくじらなければかなりの高得点を習える。とにかく時間勝負になりましょう。正誤問題も基本的な内容ばかりです・自己採点満点が基本です。

前期後期でもほとんどレベルの差はないわけですので、本当に入学する気があるなら、前期後期セットで受験するがいいでしょう。