合格者の声

合格体験談

東京医科大学   安達ひろ子

変えられるのは未来だけ、そのために今を大事にしましょう。

医学部に合格して浪人生活を振り返った今、数ある塾の中から、昨年4月にウインダムを選んで本当に良かったと、心から思っています。

まず、入塾してすぐに塾内の雰囲気の良さに驚きました。生徒同士、互いに殺伐としているわけではなく、授業においても、自習室でも良い意味で刺激し合っていて、周りがあれだけ頑張っているのだから、自分ももっと頑張らなければと気持ちを引き締めることができました。

特に、辛かった夏合宿では、仲間の存在がとても大きく、互いに切磋琢磨し成長することができました。そんな、共に勉学に励んできたウインダムの仲間達は、気づくと受験直前の不安な時期に心の支えとなっていました。

また、先生方の近さやマンスリーテストの存在も合格へとつながったと思います。私は、各科目ごとに質問する先生を決め、その先生方に全て託し、苦手な部分はプリントをいただいて補っていました。

マンスリーテストは、名前のごとく嫌でも毎月やってきます。勉強が思うように進まなかった月は受ける前にかなり憂鬱になっていましたが、そういった月は成績が返却された後、来月は頑張ろうと気を引き締めることができ、一年間勉強のモチベーションを保つことができました。また、マンスリーテストは、一日利用し塾外の会場で行う為試験を迎える前から試験中の時間配分まで本番さながらの練習ができたこともよかったです。

こんな素晴らしい環境を作り、合格まで支えて下さった先生方、事務の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。一年間、本当にお世話になりました。

合格者の体験談一覧へ戻る

医学部予備校ウインダム紹介動画
オンライン入学相談