こだわり

私立医学部受験予備校ウインダムの合格者の声

「ウインダムは講師・テキスト・授業・仲間まで すべて質がいい!」 昭和大学医学部

教科別にはなしをしたいと思います。まず、数学については、マンスリーでは取れるものの予習の出来の差(友人との)があると感じていたので、より一層予習に力を入れました。数学は答えを聞く前と後ではだいぶ異なります。授業では自分で考える重要性を学んだと思います。(それに考えた分、理解も深くなる。)さらに授業とは別に、三輪先生から与えられた課題もやり、極端にできない分野は、入試まで何回も繰り返し演習して、克服しました。

次に英語ですが、いままではフィーリングでここまできた感じでしたが、担当講師にたびたび叱られて、体系的に勉強するようになり、安定して得点が得られるようになりました。特に旧設医大は英数勝負ですので、ここで学力が安定したことが、合格につながったと思います。

続いて理科についてですが、化学にはある程度自信がありましたが、授業を受けるたびにつめの甘さを痛感し、テキストを中心にテキストの予習・復習はしっかりやりました。物理は一番出来ない科目でした。4月のマンスリーは38点くらだったと記憶しています。特に電磁気と波が苦手だったので、テキストの復習をこの分野は8回ぐらいやり込みましたね。ウインダムのカリキュラムでは、前期に電磁気が組まれていて良かったです。加えてウインダムの直前期はテスト演習が充実しているので、最終的にはここで、解答力がつきました。物理の先生方には本当にお世話になったと思います。

最後まで正規合格が出なくてやっと日本大学医学部に正規合格できました。当初、「フツーにやれば落ちることはない」と言われたものの、本番ではなかなか結果が出ず、落ち込んでいた時に、三輪先生方や事務の方々に励まされなんとか合格することができました。試で初日が「昭和」というのはチャレンジャー過ぎた気もします。場慣れという意味でも、愛知・岩手・金沢を受験してもよかったかもしれません。
最後になりましたが、ウインダムの先生達の質がとても高いと思います。テキストもしっかりしているので、誰でも一年間努力すれば(本科生は多数だが、クラスの在籍は少人数なので目が届く)合格できる思いますよ。

 



合格者体験談

合格への軌跡

合格への軌跡 合格への軌跡
合格への軌跡(アドバンスマスターコース在籍) 合格への軌跡(アドバンススーパーコース在籍)
合格への軌跡 合格への軌跡
合格への軌跡 合格への軌跡
合格への軌跡

合格者インタビュー

日本大学医学部合格者インタビュー 東京慈恵会医科大学合格者インタビュー
順天堂大学合格者インタビュー 日本医科大学合格者インタビュー
東京女子医大合格者インタビュー 東京慈恵会医科大学合格者インタビュー
日本医科大学合格者インタビュー  

 

合格者ムービー